Webディレクター進化論 - キャリアアップの情報メディア

Webディレクターの転職・キャリアアップを支援する情報メディア、Webディレクター進化論は株式会社イノセンティブが運営しています。

進化論ブログ

現場女子たちがキャッキャウフフ「女性がWeb業界内で働き続けるための転職戦略」談

2017/07/11

Pocket

こんにちは。助田です。

なんか、ムシムシと湿度高めな蒸し暑い日が続いたかと思えば、なんか、記録的な雰囲気のカラッと夏晴れ。
日本の梅雨 is gone。ジメジメと雨降止まぬ、あの嫌な時期は、いったいどこにいったんでしょうか。

さて今日は、カラッと先日GARAGE AKBにて行われたイベント、「女性がWeb業界内で働き続けるための転職戦略」の熱気について、軽くレポートします。

今回イベント実施に至った経緯としては、今回講師をお願いした渡辺野枝さん、こと、のえちゃんと一緒に、「結婚とか出産とかもあるから、女性のキャリアって難しいよねー。」なんて、どこにでもありそうな話をしてまして、特にWeb業界って、固有にいろいろ大変なことが多いので、そこ整理するような講座作ろうぜー、って一生懸命に練りました。

別口でひっそり企んでいた、GARAGE AKBをWeb現場の女子たちのキャッキャウフフで埋め尽くしたい願望が現実となったわけです。昨今も有言したら即実行スタイル。

結果、シンプルにとても良い会となりましたので、ご報告と超簡単に当日の内容をお伝えいたします。

キャリア棚卸し講座をのえちゃんなりにトレースした女性向けキャリア講座

渡辺 野枝
Webディレクター/Webライター
20代半ばに一念発起。リクルートメディアコミュニケーションズで求人広告制作ディレクター&ライターになる。その後はweb制作会社を転々と4社くらい。代理店案件ばかりの制作会社、某大手家電メーカーのインハウス、コンサルとアプリの企画制作会社、などなど。会社員じゃない時期はフリーでライター業をメインにしつつ、夜はサックスを吹いて収入得たり。そして、今年からは本気でフリーランスになることを決意。現在はフリーランスになる準備をしつつ、メディア運営のお手伝い中。
icon-facebook-square icon-twitter-square

 

のえちゃんとの関係ですが、ディレ協のスタートアップ時(社団化以前の任意団体でやってたころ。)に一緒にイベント企画なんかをやってた古き良き友人です。今でこそ、ディレ協×企業とのコラボイベント代表格、Webディレクターのディレクソン、つまりディレクソンも、彼女のアイディアで実現した気がしてます。(本人確認済み)

で、最近フリーランスで活動をはじめたというのえちゃんが、自分のキャリアを棚卸!Web業界で活躍するキャリア講座&ワークA にきてくれて、その内容をある程度、トレースした講座を設計してくれました。

【将来から逆算して、自分のキャリアを見直そう】

Web業界の転職って、なかなか難しいと思いませんか?
会社によってデザイナー、ディレクターの仕事領域が違ったり、必要な知識が違ったり。
私自身、そんなミスマッチを何度も経験してきました。正直、採用側もわかってなかったりする。でも、ミスマッチで入社してしまったら、入った方も会社側も不幸だと思うんです。自分はどんなことができて、どんなことに貢献できるのか。そして、これからどんなことをやっていきたいのか。
また、自分はどういう会社に需要があるのか。転職する前に、そんな整理が必要だとおもうんです。

更に私の場合、考えてもみなかった結婚をすることになり、人生設計も仕事を選ぶ基準も変わりました。
女性は男性以上に、仕事と生活のバランスを考える必要があるのだ、とその時に思ったのです。

当日は20名弱の参加者。GARAGE的にはちょうどいい。SAYちょうどいい。男性も3名ほど入り混じってのスタートです。※会場内に、男性が僕一人だったらどうしよう、と思っていた恐怖からのガチなる安堵感。

のえ
ぶっちゃけ、転職をネガティブに捉えないでー。もっといい仕事したいからこそいい環境が欲しいだけなんだー。会社選びは彼氏選びと一緒なんだよー。きちんと目的をぶらさないで進めば、きちんとした評価を得ることができるよー。私もたくさん転職したけど、今ではきちんと身になってるよー。

講座のアンケート感想

・転職することは悪いことじゃないとわかってよかった。
・途中参加でしたが、ライフスタイルが知れて、大変参考になりました。
・結婚後も、Web業界で働いている人のお話を聞けてよかった。
・ディレクター以外でも業界研究や今後を考える上で参考になった。
・何もわからない状況だったので大変勉強になった。
・自分の知らない言葉が出てきて難しかったが、よい勉強になった。
・女性目線で話して頂き仕事以外のことも参考になった。
・転職に対する考え方が今までよりも力をぬいて考えられそう。
・Webに関わる企業の分類についての話は、自分の就職先を考える上でとても参考になった。
・とてもわかりやすかった。
・時間が足りなかった。もっと深く聞きたいと思った。

過去に 自分のキャリアを棚卸!Web業界で活躍するキャリア講座&ワークA に参加いただいた方には、

・以前にキャリアの棚卸し講座に参加していたので、タイトルにあるような「女性」に特化した差別化してほしかった。

なんてご意見も頂戴しております。

続いてはゲストをお呼びしたトークセッション。

今回は助田2年分ほどの古巣でもあり、現在のお取引先でもある、株式会社LIFULL(株式会社ネクストから名称変更)の長谷部さんにご依頼。からの快諾。

長谷部 志保 SHIHO HASEBE
株式会社LIFULL/デザイナー

2005年、派遣として同会社に入社、3年後社員になり現在に至る。HOME’S事業にて、旧・投資・流通サイトの立ち上げメンバーで、探してHOME’Sくん・売却・リノベーションなどのデザイン業務を担当。その後、ブランディングやプロモーションの部署に所属し、TVCM制作などのプロジェクトも担当する。2015年に産休・育休を取得して出産。初回の保活に惨敗し、2016年12月〜復帰。現在は、1歳9ヶ月の子供を育てながら時短勤務中。
icon-facebook-square

 

のえちゃんから、「Web業界でがんばる結婚、出産、育児を経験している素敵女性をゲストで呼びたい!」とうオーダーの元、何人かピックアップした中で、最終的に選ばせていただいた長谷部さんは現在時短で勤務中。

写真は本イベントの打ち合わせ後、解散前の様子。

長谷部
ぶっちゃけ、旦那さんを始め、いろんな人の協力を得ながら楽しんでやってますよー。会社の制度的に子育てしやすい贅沢な今の環境だから、とてもありがたいですー。

トークのアンケート感想

・自分と同じステータス、未来のステータスです。仕事との付き合い方が聞けてよかった。
・実際に結婚して子育てをしている方のお話が聞けて将来のイメージが少しつきました。
・かたくるしくなく聞きやすかった。
・女性ならではの視点に納得。
・面白かったです!もっと聞きたかった。
・人材が不足しているWeb業界で自分の生活との両立をしている人の意見は貴重だった。
・女性として理想的な働き方をされているモデルに触れて希望が持てた。
・とてもわかりやすかった。
・とっても分かりやすかった。もっと聞きたかった。
・いろいろな働き方があるんだなと改めて思った。
・子供を産んでからもWeb業界でイキイキと働いていらっしゃる方のお話を聞くことができてこれからが楽しみになりました。

参加者の90%が女性だったのですが、今日は少数なる男性からも、「旦那さんの協力はどうやって得てるんすかー?」など、始終おだやかな雰囲気ながらも、真剣なる意見が飛び交いました。

僕の講座でもよく「幸せな家庭生活を優先したいなら大手・C向けがいいよー。」なんつってますが、まさにそのヒント、てか実態がここにあったわけですね。

続いての、ワークはこちらも棚卸し講座をトレースして、野枝ちゃんらしい表現にカスタマイズしてくれたフォーマットで、参加者それぞれのキャリアを整理して見る時間に。

ちょっと時間が押せ押せだったので、記載したワークシートのプレゼンなどはありませんでしたが、17時過ぎからスタートしたその後のミートアップも大盛り上がりな女子たち。2時間たっても、まだまだ帰る気がない女子たち。

・悩めるWeb業界の女性たち、というタグ付け良かった。みんな目的が同じで打ち解けやすかったもん。

やはりコレに尽きるのかなと。

席も主体的にローテーションしてくれてるし、間にコンテンツを差し込もうとしたけど、もっとこの状態で話したいのよー!って女子たちが大半で、自称「元祖ミートアップ男子」も、裏方のままにてお役御免と相成りました。

参加いただいた皆さん、土曜日の約半日、ご苦労様でしたー。

ということで、次回もまたやります!

え、次回?レポートとか言っちゃってんのに、主なるはアンケート結果だけだけじゃん、コンテンツにぜんぜん触れてないじゃん。

きっと、そんな声もあることでしょう。

しかし、今回はあえてコンテンツには触れず明かさずに、次回参加した際のお楽しみにしてくださいね、ということにしておいてあげてください。

今回は主に大手C向けの話が中心でしたが、次回は大手B向けのゾーンの内容で設計しようかと思っています。

次回イベントはまだ時期・未定ですが、企画は走り出しましたので、最近、これまた一生懸命にやっているGARAGE AGENT(社会人)のメルマガがありまして、そちらで告知いたします!

この機会にぜひご登録くださいませ。

GARAGE AGENT(社会人)ここだけの話 登録フォーム

助田
しかし、今日はクソ暑い。

助田でした(´ー`)y-~~

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。

-進化論ブログ
-, , , , ,

Return to Top ▲Return to Top ▲