Webディレクター進化論 - キャリアアップの情報メディア

Webディレクターの転職・キャリアアップを支援する情報メディア、Webディレクター進化論は株式会社イノセンティブが運営しています。

進化論シゴト紹介

Webディレクション支援事業のサービス概要:求職者の方向け

2016/04/04

Pocket

株式会社イノセンティブがディレクターのキャリアアップに強いその理由。

work

株式会社イノセンティブの人材サービスはディレクターのキャリアアップに強みを持っています。

・コーディネーターの助田がそもそもディレクターをやっていた。(デスマ経験者)
・Webディレクションのスキルアップを推進するディレ協と協力関係にある。
・日々ディレクターに会う機会が豊富にあり、特化した相談実績も豊富にある。

弊社ではGARAGEでのスペース、コミュニティを最大限に利用し、ディレクターの最新動向を日々把握できている強みを活かして、ディレクターのキャリアアップを応援し、そんな志に共感いただいていている企業のWebディレクション強化を提案しています。

Q:他にもエージェントってたくさんあると思いますが、どこが特徴なの?

A:弊社事業のコンセプトは「現場感・リアリティ感」を大事にしています。

おそらく日本でもごくわずか、元ディレクター経験者が転職支援を行っていますので、求人現場での現場感、求職者のレベル感を経験を基に、より正確に判断することが出来ます。「転職するディレクターがみておくべきまとめ」のように専門特化したノウハウの提供や、割と時間をかけてご本人の目標、やりたいこと、キャリアパスをじっくり伺ってアドバイスしていますので、目標設定をした状態で転職活動を行うようにしています。

初回面談でお話しする主なトピック
・10年後の目標設定
・3つのインターネットビジネス
・流行のインターネット技術
・今、企業に求められている人材像

Q:企業はディレクターに何を求めているの?

A:Webxディレクターとしてのキャリアで、まずお話を伺うのは、10年後の目標。なりたい姿。そして、インターネットの3つのビジネスでどのドメインの実績、経験、興味/関心があるのかどうかです。

そして、ディレクターを求める企業は自社メディア(B to C)、クライアントワーク(B to B)の2種類があります。一番大事なのは、ユーザーやクライアントが何をWebに求めているかを正確に把握し、実施していけるかという定義のパフォーマンスです。

そして、インターネットを職業とする以上、「今」企業に求められている新しい職務の概念理解も必要です。特に大手の現場でディレクションに必要とされている職務は以下のような要素をよく耳にします。

・IA(情報アーキテクチャー)
・UI、UXデザイン
・ビッグデータ解析、データサイエンティスト
・グロースハック

イノセンティブのWebディレクション支援において、最大の価値提供は目標設定、新しい職務の理解、そしてビジネスへの理解です。必要な状態まで面談を通じてインストールして、将来何をやりたいのかをより具体的に、より明確にしていき、転職で活躍することでそのプロセスを築くことが転職の目的という定義を行っています。

Q:そもそもエージェントを使うメリットはなに?

A:転職活動はそもそもパワーを使います。自己分析、目標設定、求人情報の調達、面接対応、企業選定など基本、全て一人で行っていかなければいけません。エージェントという転職のプロに相談しながら、第三者的な意見や、実際に求人先の現場で求められている「生」の情報を基に、客観的な意見が参考に出来ます。

また、一番大事なのは求人情報に掲載されている企業データ同士を照らし合わせる「データ」での比較でなく、その裏にある現場感、人事担当の声など「情報」を基にした判断ができることがポイントです。

Q:他のエージェントと比べて劣っている点をあえて言うとしたらどこ?

A:イノセンティブの場合、ITベンチャーに強みを持つため、Web、ITベンチャー以外、もしくは大手の案件は少なく、案件数全体としてもご提案できる数量としては大手エージェントは劣る部分かと思われます。また、外資系の求人情報も多くありません。

Q:ディレクターとしてのキャリアパスに迷う。ってどうなの?

A:ディレクターと言っても所属する企業が、自社メディア(B to C)、クライアントワーク(B to B)なのかにもよりますし、ディレクションの業務範疇にもよりますので、一言ではなんとも言えませんが、弊社が設定するマトリクスの中で「コンサルタント」、「組織内のマネジメント」、「フリーランス」、「起業」と、それぞれ出口を意識した目標が見えてきます。転職相談は無料なので、ぜひ一度ご相談ください。

 

Q:ところで、紹介の資格は持っているの?

A:弊社は2012年9月に「有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-305590を取得しています。こちらは、企業の求人に対して正社員として人材をご紹介し、内定した段階で紹介手数料を企業より頂く仕組みとなっています。求職者の転職相談は職業安定法に基づき、無料で行っています。

Q:ところで、なぜ無料で相談に乗れるの?

A:そもそも人材紹介を前提とした求職者の方からは有料で転職相談をすることができません。

お分かり頂けましたか?ほとんどの方が次のキャリアを悩んでGARAGEにお越し頂いてますので、まずは気軽にエントリーください!

投稿者プロフィール

助田 正樹
株式会社イノセンティブ 取締役 :一般社団法人 日本ディレクション協会 理事
東京都品川区出身の1976年7月生まれ。桜美林大学経済学部を卒業後、ソニー株式会社にて、シックスシグマというマネジメントツールのR&D、広報などクリエイティブ業務に従事。2005年からインターネットベンチャーでWebディレクターとして数社経験。その後「LINKAGE」という商号でフリーランスとしてWebディレクション業務で活動。コーポレート、リクルート、モバイル、デジタルサイネージ、リアル連動など様々なWebサイト、システムの構築、新規事業プロジェクト企画、立ち上げを経験。(参照:実績)2012年6月に株式会社イノセンティブ取締役に就任。GARAGE AKIHABARAを立ち上げる。日本ディレクション協会ファウンダー。メンタルマネージャー資格保有。

-進化論シゴト紹介
-

Return to Top ▲Return to Top ▲